白髪を染める

白髪染めと白髪ぼかしの違い

更新日:

 
白髪を染める薬剤を使用している事には変わりはありませんが、
白髪染めと白髪ぼかしでは薬の種類が違います。
 

白髪染めはシャンプーなどにより、時間と共に色素が抜けてきます。
白髪の部分が茶色や赤くなったりして目立つ事もあります。
 

白髪ぼかしは、白髪染めと違い白髪に近いグレーをベースにしています。
自然な仕上がりで色が落ちてきても赤みがないのが特徴です。


 
白髪染めは、黒の染料ではなく赤色系の薬を混ぜる事で白髪を黒く見せるので、
色が焦ると茶色や赤色に白髪がなりやすいようです。

 
従来の白髪染めより、刺激やニオイも少ない為に髪へのダメージも少ないのが嬉しいですね。

 
ぼかすという名前の通りに、真っ黒に染めるわけではありません。
 

全体をグレートーンにする事で自然な灰色の髪に全体を仕上げるようなものです。

根元や染めた部分と伸びた部分の境目が気になる人、いきなり真っ黒にすると白髪染めをしていると回りに気づかれたくない人向けかもしれません。
 

どちらかと言いますとショートヘアや男性向けのような気もしないではありませんが。
 

最近では白髪ぼかしのカラーも増えているようですから、
髪の色に合わせて茶や黒にも対応出来そうです。
 

痛みが少なく、染色落ちもすくないので「ナチュラルな仕上がり」で「目立たなくしたい」人は白髪ぼかしを「しっかり白髪を隠したい」人は白髪染めを選んだ方が良いと言うことです。
 

白髪ぼかしは徐々に髪が黒く染まる事ら真っ黒にはなりませんが、
白髪が目立たない色になるのは間違いはないようです。
 
 

   


 
 


\ シェアしてください /

-白髪を染める
-,

Copyright© おすすめ白髪染め , 2017 All Rights Reserved.