頭皮&ヘアケア

ノンシリコンシャンプー選びに知っておきたい3つのポイント

更新日:

 
数年前から注目されているノンシリコンシャンプーですが、
それまでは、入っているのが普通だったし、シリコンって髪によくないものだったの?

ノンシリコンシャンプー

それなら何故、よくないものが今までは普通に配合されていたの??


シリコンが髪や頭皮によくないなら今すぐにノンシリコンシャンプーに切り替えた方がいいの

と、いろいろな疑問がわいてきました。



初めは、シリコンでコーティングされた髪には白髪染めの染料が入りにくいと聞いたのが、
ノンシリコンシャンプーに興味を持ったきっかけでした。


その後に真剣に考え始めたのは、白髪や抜け毛など
とうとう髪にも年齢を感じ始めたからです。。


ノンシリコンシャンプーの疑問

 

そこでまずは、行きつけのサロンの美容師さんに質問!

シャンプーってやっぱりノンシリコンがいいですか?!


いやいや、一概にそうとも言えないよ!


シリコン=コーティング剤の一種で、ぎしぎしした髪の指通りをよくしたりツヤを出したり、シャンプーそのものの使用感をよくするという役割があるからただ悪いものってわけじゃないよ。


ぎしぎしした状態で洗髪したり、からまった髪を無理にブラッシングしたら
髪がこすれて痛む原因になるしね。


じゃあなんでシャンプー後に髪がぎしぎしするかというと
洗浄成分が安価な硫酸系の界面活性剤を使っているから。


まぁ、わかりやすく言うと、台所洗剤で髪や頭皮を洗っているようなもの・・・


だから市販のシャンプーを選ぶなら、
一つの目安として価格で判断するのはアリだと思うよ!


良し悪しは価格に比例していると言えるから、1本300円程度価格帯のものは
おすすめできるとは言えないかな。



なるほど~!だいぶん分かってきたかも
1本300円のシャンプーはもう辞めます。。とその時に思いました。


 

ノンシリコンシャンプーってぎしぎしするの?

 


シリコンは髪をコーティングするものだから、
それが入っていなければ髪はぎしぎしするんでしょ・・・?

それについては、半分正解で半分は不正解です。


市販の安価な硫酸系の界面活性剤を使っているシャンプーの場合、
必要な皮脂まで奪ってしまう為に、シリコンをプラスしてカバーする必要がありました。



そこで、最近注目されているのがアミノ酸系シャンプーです。
(アミノ酸系の界面活性剤を使っているシャンプー)


価格は少し高くなりますが、髪や頭皮に優しく刺激も少ないので
ノンシリコンでもぎしぎししないんです!



石けんシャンプーだったり、ただシリコンが無配合なだけの安価なシャンプーの場合
やっぱりぎしぎししてしまいます。


 

じゃあどれを選べばいいの?


 

美容院でノンシリコンについて質問してみたことがきっかけで、その日の帰りに
貯まってたポイントで高級そうなノンシリコンシャンプーをお土産にいただきました!わーい


高いものだから子どもとかに使わせないで自分専用で使った方がいいよ~
とのひと言付きだったので、その通りに こそこそ使ってました(笑)


シャンプー後のきしみも全く感じないし、髪の質感や手触りも日に日によくなってきました。


やっぱり高いものは違うんだなぁ。。ということは強く実感。
でも続けられなければ意味がない・・・



そこで最終的に選んでリピしているのが haru 黒髪スカルプ・プロ


白髪を減らすシャンプー
 

安くはないんだけど、でも髪は大事だから安心して使えるもの
コスパともに大満足のシャンプーに出会えてよかったです。


若い時は気にもしなかった抜け毛や髪のボリューム不足。。


実際には白髪以上に深刻な問題ですし、毎日のことなので
進行して後悔する前の予防ケアが得策です♪

 

ノンシリコンシャンプーのまとめ

 


シリコン配合だからよくないもの、ノンシリコンだからよいものというわけではなくシャンプーそのものの配合成分が重要。硫酸系ではなくアミノ酸系の界面活性剤配合のシャンプーがおすすめ。


詰め替え数百円のシャンプーの質はやはりそれなり。。
市販のものでもよいものは価格にも比例するので選択の際の1つの目安に。
ただし続けられるものを選ぶことも大事。


本当によいものは、シャンプーだけでもきしまないし
トリートメントやコンディショナーも不要になりました。


ノンシリコン、ノンケミカル、100%天然由来成分で作られた
オールインワンシャンプーharu黒髪スカルプ・プロ



 
 

\ シェアしてください /

-頭皮&ヘアケア
-

Copyright© おすすめ白髪染め , 2017 All Rights Reserved.