白髪染めで長持ちするのはどのタイプ?

おすすめ白髪染め > 白髪を染める > 白髪染めで長持ちするのはどのタイプ?

白髪染めで長持ちするのはどのタイプ?

2013/08/16

 
白髪を染めると困るのが、色が退色する事ですね。
一般的な「白髪染め」は約二ヶ月から長い人で三ヶ月。

髪の質やダメージによっても退色の差があるようです。


白髪染めで白髪を染めると、髪のキューティクルが開いた状態になっています。


これは薬を髪に浸透させる為に開いてしまうので、きちんとトリートメントやヘアパックで栄養を与えてキューティクルを閉じる必要があります。



白髪染めのヘアカラーの退色が早い人は、ダメージが進行しているか、
栄養が不足のためキューティクルが開きっぱなしと言うことです。



白髪染めのヘアカラーを使用後は、毎日トリートメントを欠かさなければ退色は抑えられます。



色持ちが優先ならへアサロンでのカラーリングが一番になりますね。


市販のものも、しっかり色を乗せれば二ヶ月は持ちます。
髪にダメージを受けますが染色がしっかりするのは酸化染料を使う白髪染めです。


また、シリコン入りのシャンプーは髪をシリコンでコーティングしてしまいますので、染料がのらない場合があります。アミノ酸系のシャンプーやノンシリコンシャンプーを使うことで、染色の持ちをよくすることが出来ます。


色落ちの原因がシャンプーにある場合もありますので、
白髪染めをするならシャンプーにも気を配るとベターです。


染色自体より、髪や頭皮へのダメージを考えるならトリートメントタイプですが、
酸化染料使用の白髪染めよりも色持ちはやはり落ちてしまいます。


シャンプー頻度やシャンプーを白髪染め用にすることで、こちらも若干は長く持たせられますが、トリートメントタイプは頻繁に使用することで色を乗せていくものなので、それぞれのメリット・デメリットをふまえてお好みで選びましょう。




関連記事

  1. 光で染まる?白髪染めグローリン・サンクロスの口コミや評判はどう?
  2. レフィーネのマロンブラウンで明るく自然な髪色に
  3. 白髪染めが頭皮のかぶれの原因に。刺激の少ないおすすめ白髪染めはコレ。
  4. 白髪染めとブリーチ
  5. 部分染めに向いている白髪染の種類
  6. 白髪染めマスカラタイプならお出かけ前にもサッと隠せる
  7. 白髪染めのカラーバリエ【アッシュ】
  8. 自宅で手軽に簡単に染めたい
  9. 白髪染めシャンプーは自然に徐々に黒く染める
  10. 根元からキレイに染まる白髪染め