白髪の豆知識

白髪になる原因。どうして白髪になるの?

投稿日:

 

白髪になる仕組みについて調べてみました。

白髪は30代後半~40代位から増え始めます。

ある程度の個人差はあるものの、加齢によって白髪が増えることは自然なことです。


その原因は、色素を作る細胞が減少するから。
細胞が減少し髪に含まれているメラニン色素が不足したり無くなると白髪になります。



コラーゲンが減少した肌がハリがなくなったり
水分量が減りしわができるのと同じですね(><*)


 

メラニンがなくなるのはどうして?

 


一番の理由は加齢によるもの><


髪の根元を支えている毛包の中には、髪を作りだす細胞と色素細胞があり、
色素細胞で作られるメラニンが年をとることで減少してしまうのです。


色素細胞の元になる色素幹細胞が減り、色素細胞を作れなくなり、
髪を作る細胞にメラニンが行きわたらなくなり髪が白くなってしまうそう。



 

白髪は黒い髪に戻ることはない?

 


髪の毛のターンオーバーは、成長期⇒ 退縮期⇒ 休止期とサイクルを繰り返していて、色素細胞もこのサイクルに合わせて成長期には色素細胞が増えて毛を作る細胞にメラニンを渡しています。


加齢やストレスなどで、このサイクルの周期が乱れたり遅くなると、
白髪が増えたり、毛の再生が追いつかず薄毛の原因となります。


色素幹細胞そのものは残っていて一時的に働きが悪くなることでも白髪になるので、原因であるストレスが解消されたり頭皮環境を整えることで細胞が正常に働くようになれば、また黒い髪が生えてくる可能性もあるということです。


なので食生活や睡眠などの生活習慣を見直すことは有効です!


髪のミネラル不足と頭皮の乾燥を徹底ケアし白髪を減らすスカルプシャンプーもおすすめ。


また、1つの毛穴ごとに細胞があり、その毛穴の色素細胞がなければ生えてくる髪は白髪なので、抜いてもまた白髪が生えてきます。


更に、成長期の毛を無理やりひっぱって抜くことで毛を作る細胞も傷つけてしまい、その毛穴から毛が生えなくなったり成長が遅くなる原因となるので抜くのは絶対辞めましょう!


 
 

\ シェアしてください /

-白髪の豆知識
-, ,

Copyright© おすすめ白髪染め , 2017 All Rights Reserved.